【Python】グラフのx軸目盛の位置を上部に移動させたい

matplotlibを使用してグラフを作成する際に,通常グラフ下部に表示されるx軸の目盛りをグラフ上部に変更する方法を備忘録としてまとめます.
使用言語はPythonです.

本記事中で例示するために使用したコードとデータは,こちらからダウンロード可能です.

方法

matplotlibAxes.xaxis.tick_top()を使用することでグラフ上部にx軸目盛を表示することが可能です.
実際のコードを以下で示します.

インストール方法

pip install matplotlib

実際の使用例

ここでは例として,\(y=\sin(x)\)をグラフにします.
\(x\)の範囲は\(0〜3π\)とします.

まずは,通常(x軸目盛がグラフ下部)のグラフを作成します.

import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np

# y=sin(x)を定義
x = np.linspace(0, 3*np.pi, 300)
y = np.sin(x)

# グラフ作成
fig1 = plt.figure()
ax1 = fig1.add_subplot(111)
ax1.plot(x, y)
ax1.set_xlim(min(x), max(x)) # x軸の描画範囲を指定
plt.show()
# plt.savefig('test_under.png')

x軸目盛が下部にあるグラフ

続いて,x軸目盛がグラフ上部になるようにグラフを作成します.
以下がそのコードです.

import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np

# y=sin(x)を定義
x = np.linspace(0, 3*np.pi, 300)
y = np.sin(x)

# グラフ作成
fig2 = plt.figure()
ax2 = fig2.add_subplot(111)
ax2.plot(x, y)
ax2.set_xlim(min(x), max(x))
ax2.xaxis.tick_top()
plt.show()
# plt.savefig('test_top.png')

x軸目盛が上部にあるグラフ

これで,x軸の目盛りを下から上に移動させることができました .

以上で,matplotlibでグラフを作成する際に,x軸をグラフ上部に移動させる方法の解説を終わります.
お疲れ様でした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です